agaは若くても発症する!?年齢に応じた対処法を知ろう

agaは成人男性に多い薄毛

agaの正式名称はAndrogenetic Alopeciaです。男性ホルモンが引き金となる薄毛という意味で、20代~50代の男性に多い脱毛症です。agaの遺伝体質が強い男性だと、未成年で発症することもあります。ただ未成年だと医療機関で治療を受けられず、これは使用できる医薬品の多くが20歳以上からの年齢に設定されているからです。

そのため10代でagaを発症した場合、セルフケアや育毛サロンなどで対処します。セルフケアの基本はシャンプーを変えて、生活習慣を見直すことです。自分に適したケアがわからない人は、育毛サロンに行けばアドバイスをしてもらえます。育毛サロンでは洗髪の仕方、髪によい生活習慣、抜け毛を減らすコツなどについても教えてくれます。

成人と未成年で対処法が変わってくる

20歳以上の人であればaga治療薬を用いた治療が可能です。5α還元酵素阻害薬や発毛剤は20歳以上でなければ使用できません。一方で育毛剤の場合は未成年に対応したものが多いので、未成年のころから予防対策をしておきたい人におすすめです。育毛剤は副作用が弱く、agaを発症する前から使用しても問題ありません。

aga治療の効果を最大限に引き出すには、治療のタイミングが何より大切です。治療を開始する時期が20歳と30歳では、前者のほうが有利になります。薄毛を放置しておくとさらに髪が減るので、復活させるべき毛量が増えます。それゆえ十分なボリュームまで戻すために、多くの時間がかかるのです。早めに治療を開始することが、時間と治療費の節約になります。

横浜は交通の便が良い地域なので、agaを横浜で治療する際には、クリニックの治療方針や評判の良さなどから選ぶとよいでしょう。