人とお金が悩みの種!?経営者を悩ませる原因とは


人に関する問題が経営者を悩ませる

経営者になれば会社を自由自在に動かせると考えるかもしれませんが、経営者になってこそわかる悩みが存在します。多くの経営者が抱える悩みは、人に関係する問題です。会社の運営のためには、お金と人、そしてモノが必要になります。そのなかでも人に関することが悩みの引き金となりやすいのです。

例えば、多忙な職場では従業員が疲労・ストレスを抱えていることが多く、それにより仕事の効率が低下し、生産性が悪化するという事例は多いです。精神疾患を招いて長期休職をする従業員が出てくれば、会社にとって痛手となるでしょう。人間関係のトラブルも経営者を悩ませる課題で、自身の把握できないところでパワハラやモラハラが起こっている可能性も考えられます。

お金の悩みも無視できない

キャッシュフローが健全な状態とは、お金の流れがよい状態です。企業にとってお金は血液であり、流れが滞ってしまうとスムーズな経営ができなくなります。例えば、赤字続きで業績が思わしくなくなると、銀行は急に冷たい態度に出てくることがあります。経営者が消費者金融から借りる理由は、低金利の金融機関から借入れできなくなるためです。

カードローンだと年率で15%以上の金利になることが多いので、高額の借入れをすると利息に追われるようになります。特に企業が借入れする場合、借入総額が大きくなる傾向があり、数百万円に達するケースは少なくありません。すると利息が利息を呼び込む状況になり、ますます資金難に陥ってしまうのです。

会員制医療倶楽部とは、癌などの生活習慣病の予防と早期発見のために設立された、トップ管理職や役員、著名人のためのクラブです。最高レベルの医療サービスを提供します。